人間は追い込まれたときに本性を出す

f:id:d-nemuo:20201119195245p:plain

今日の話は昨日の話とちょっと関連してるのだけど、最近仕事の調子がすこぶる悪い。

d-nemuo.com

危機的な状況だ。

この状況を早く抜け出したいと思っている。

多分、これは同じプロジェクトに関わっている先輩も同じだと思う。

 

この問題が勃発したときのことの話をしよう。

詳細は言えないのだけど、端的に言って、とあるシステムがぶっ壊れた。

そしてその復旧が俺たちの仕事だ。

だけど、その回復の見込みがあまりない。

どうやったら良いか分からないし、そこまで稼働頻度の高くないものだから良かったものの、それでもヤバいことには変わりない。

俺も先輩も焦ってきた。

 

焦ってくるとイライラしてくる。

それはもうイライラしてきて、ところ構わず手当たり次第にぶっ壊したくなってくる。

焦ってきたせいなのか良くわからんが、あるとき先輩が要領を得ない指示を出してきた。

要領を得ないものだから俺はどうしたら良いか分からず、聞き返した。

そして何度かそういったやり取りをするうちに、先輩が遂にキレた。

「そんな言い方するなら、それじゃ、俺もう何も言わんわ。もう勝手にやってくれ」

そう言ってきた。

確かに、俺の言い方にも多少の怒気が混ざっていたのかもしれない。

とにかく、先輩はキレてきた。

 

これは俺と先輩、どちらが悪いのだろう?

経験上、こういった場合は基本的に俺が悪いのだろうけど、この際そんなことはどうでもいい。

俺が言いたいのはこうだ。

人間は焦ったとき、追い込まれたときに本性を出す。

日ごろ親切な対応をしている人間でも、追い込まれればそうでなくなるかもしれない。

つまり、その人について知りたかったら、その人が追い込まれたときの言動を見ると良い。

人間は恐ろしい、社会人になって改めて実感した。