志望動機がボロクソでも受かってしまった面接の話

f:id:d-nemuo:20200917193337p:plain

就活の志望動機についてはまだ思うことがいろいろあるので、前の記事に引き続き今日も書いていこうと思う。
d-nemuo.com

今日は、就活のときに志望動機がボロクソだったのにも関わらず面接を通過してしまった会社のことを話そうと思う。

 

俺が就活していたとき、いつも通りの面接の中で、これもやはりいつも通りの流れで志望動機を聞かれた。

そして俺は答えた。

説明会や企業サイトで得た情報を元になんとか捻り出した志望動機だ。

そしてやはりいつも通り、ボロクソに言われた。

そのときはよくある「それ、うちの会社じゃなくてもいいよね?」という嫌味ではなく、どちらかと言えば「それちょっと違うんだけど」っていう指摘に近かった。

どうやら、俺の話したようなことはその会社ではやっていないらしい。

おっと、くそ、こいつは致命的なミスだ。

そして結局、その後かなり厳しくツッコミを入れられた。

これは間違いなくお祈りだな、と思ったけど、とりあえず間違っていたことについて謝る。

その後も面接は続いたのだけど、俺としてはもうこれは捨て勝負になっていたので、多少は肩の力を抜いて面接に臨むことができた気がする。

結局、志望動機のときほどの危機は訪れなかった。

そして面接は終わった。

 

で、落ちたという感触しかなかったのでその面接のことはさっさと忘れていたのだけど、数日後、選考を通過したとの連絡が来た。

一瞬、俺はその事実が理解ができなかった。

就活の情報を見れば、どこもかしこも「志望動機は大事!」と言っているが、俺はなぜか志望動機がボロクソだったのにも関わらず合格してしまった。

ちなみに、その面接は最終選考の役員面接だった。

 

役員ともあろう人間が、志望動機が杜撰で企業研究不足が明らかなアホ学生の俺をどうして合格させたのだろうか?

 

俺は今でもこの疑問を心の隅っこに持っている。

結局、内定が出たのでその会社に就職することにしたのだけど、今は役員が変わってしまい、あのときの面接相手の役員はいなくなってしまったのでこの疑問の答えを聞くことは遂にできなくなってしまった(そもそもいたとしても役員と話せる機会は滅多になかっただろう)。

 

なぜあのとき俺に内定を出したのだろうか?

 

これからもこの疑問が消えることはないのだろう。