配水管が!!配水管が!!

f:id:d-nemuo:20201116204241p:plain

今日はヤバかった。

つい数十分前のことだが、マジでヤバいことが発生した。

これは間違いなく、今年一番ヤバいと確信を持って言えるレベルのヤバいことが起きた。

 

ええいくそ、もう直截に言おう、自宅の配水管が詰まったんだ。

家の、配水管が、詰まったのだ。

配水管が詰まると何が起こるか分かるか?

地獄だ。

地獄が生まれる。

俺は今日、地獄が生まれる音を聞いた。

 

俺の自宅は風呂トイレ一体型の賃貸物件なんだが、いつものように仕事を終えて家に帰ってきて(今日は出社してた)、食事をして食器を洗って、シャワーを浴びようと風呂場兼トイレに行った。

そして蛇口を捻って湯を出したんだ。

ジャーっと。

そしてしばらくしたら、隣のトイレのあたりからコポコポコポっと尋常ならざる音が聞こえてきた。

水面下から空気の泡が上がってくる、あのコポコポコポだ。

一体何が?

一瞬後、俺はその正体を悟った。

このままでは地獄が生まれる、と。

 

あの音は数年前に聞いたことがある。

配水管が詰まり、流した水が逆流だかなんだかして空気の泡がコポコポコポしてるあれだ。

この数年の平和の間に忘れかけていたあの音。

このままシャワーを流し続ければ、トイレ脇の排水溝から逆流する。

悪魔が召喚されてしまう。

止めねば。

止めなければならぬ。

 

知ってるか?

人は理解を超越したものに出くわしたとき、固まる。

脳が思考を放棄するのだ。

俺も数年前初めて配水管が詰まったとき、止まった。

だが、今日は初めてではない。

俺はシャワーを止め、排水溝を覗き込んだ。

 

負けた。

微妙に水が逆流している。

だが、まだ止められる。

間一髪のところで、トイレ周辺一帯が水浸しになることは防いだ。

少し溢れただけだ。

危なかった。

 

そして幸運にも、そのとき俺はまだシャンプーをつけていなかった。

頭を泡まみれにしていたらそれだけで発見が遅れ、しかもそのシャンプーを流すのにさらに水を流したことで大惨事、いや、第三次世界大戦を招いていたことだろう。

水を止めたら次にやることは詰まりの除去、トイレのスッポンだ。

トイレをスッポンでスッポンスッポンしなければならない。

俺は近くに引っかけてあったタオルで体を拭き、脱ぎ捨ててあった服を着てスッポンを手に取る。

おのれ悪魔め、今日再びこの俺が貴様を封印してくれよう。

 

さて、これにて一件落着だったのだが、これを根気よく最後まで読んだ人々に言いたいことがある。

とりあえずスッポンは買っとけ。

いいか、もう一度言う。

スッポンは買っとけ。

引っ越したら醤油を買うより先にスッポンを買っとけ。

何はともあれスッポンだ。

スッポン第一。

Make SUPPON Greate Again.

 

そして、トイレットペーパーは安さで選ぶな。

安物買いの銭失いどころの騒ぎでは済まなくなる。

以前俺の自宅の排水溝が最初に詰まったとき、特に何も考えずに近所のドラッグストアで一番安いやつを買っていた。

その後配水管が1か月に2,3回詰まったことがあったのが、原因はそのトイレットペーパーだった。

トイレットペーパーを変えたら嘘のように詰まらなくなった(まあ、今日は詰まったのだが)。

だから、トイレットペーパーは流しやすいやつをしっかりと選べ。

部屋選びと同じくらい、いやそれ以上にトイレットペーパー選びは大事だ。

 

あと最後に、トイレットペーパーをたくさん使うようなことになったら、数回に分けて流せ。

胃腸の調子が悪くて余裕がないときでも、トイレを分散して流す余裕だけはもっとけ。

これは今日の俺への戒めでもある。

そして念のため、流したときに水位に異変がないことを確認しろ。

安全確認を丁寧にやっても良いことはないが、安全確認をすっ飛ばすと地獄が生まれる。

何もないことが一番良い。

 

・・・もし異変があったら?

それはもうスッポンだ。

 

以上だ。

諸君らの自宅の配水管に幸あれ。