在宅勤務でも起床時間は同じ

今月から俺は再び在宅勤務となったわけだけど、今日は在宅勤務の起床時間について書こうと思う。

d-nemuo.com

d-nemuo.com

タイトルの通り、在宅勤務でも俺は起床時間を変えない。

出社していたときと同じ時間に起きている。

 

というのも、その理由は、単純に在宅勤務の特権が剥奪されたときの反動が怖いからだ。

あるいは、剥奪とまではいかなくても、打ち合わせやら現地作業やらなんやらの事情で早く起きて家を出なければならなくなったときが怖い。

もしも始業ギリギリに起きる習慣が身についてしまえば、そういった事態に対処するのがこの上なく辛いのを、俺は入社時の体験からよくわかっている。

 

入社初日、それまでは学生生活最後の春休みということで太陽が高いところまで上がってくる時間に起きるような生活を繰り返したので、朝起きるのが猛烈にしんどかった。

起きてからしばらくたっても頭はあまり働かないし、ついでに胃腸の調子もあまり良くない。

入社直後ということもあって、なんやらかんやらの重要な話や研修があるのだけど、それらの内容がことごとくさっぱり頭に入ってこない。

あと腹が痛いし下痢っぽい。

そして、そんな生活が1週間か2週間続いた。

生活習慣の力は恐ろしい。

 

この経験から、4月、俺の職場で在宅勤務が急遽導入されたときから、通勤という行為がなくなっても朝起きる時間だけは変えないようにしていた。

そのおかげで、10月に部署異動して一時的に出社する羽目になったときに命拾いした。

 

出社することになっても朝起きることがそこまで辛くない。

いつもと同じだからだ。

 

ということで、いつ再来するか分からない通勤に備えて、朝はきっちり起きようと思う。

朝起きるのは辛いけど(特に冬は辛い)、もっと辛いことを避けるためにこれからも頑張って起きていきたい。