同僚の士気はだだ下がり

f:id:d-nemuo:20200927214224p:plain

最近あまり触れてなかったけど、部署異動して以来俺を苦しめてきたあのプロジェクト、通称"ゾンビランド"の話を今回はしよう。

ブログで取り上げなかった間にもいろいろと問題が起きていたよ。

 

その問題のひとつは、協力会社と連携が全く取れていないこと。

もちろん、引継ぎもろくすっぽやってないことから考えても社内の連携もまともに取れていないのは言うまでもないのだけど、こっちは今まで散々書いてきたので今日はあまり触れないでおく。

d-nemuo.com

d-nemuo.com

d-nemuo.com

さて、これはやってみると思った以上にカオスなプロジェクトで、関係者がちょっと多い。

特に、社外の関係者が多いのが特に厄介な点だ。

その上、暗黙の了解みたいなものがいくつもあるらしい。

多分前任者は阿吽の呼吸で協力会社とうまく付き合ってたんだろうね。

 

そしてそういったことを一切理解してないまま突撃するもんだから、俺たちは次から次へと問題を起こしている。

資料の提出を求められて、過去の資料を参考にしてなんとか提出したらああでもないこうでもないと指摘が雨あられの如く降ってくる。

指摘事項を直して再び出したと思ったら新しい指摘が無限湧き。

ゾンビかよ。

指摘を3つ直したら次は4つに増えたりする。

しかも質の悪いことに、先に言えば良かったようなことを後から後から指摘してくる。

例えるなら、「ここは赤字で書いて」というな指摘を直して出したら、次は「こっちは青字じゃないとダメ」みたいな指摘が現れる。

そしてその次は「今度はこっちが黄色じゃない」。

先に「こっちは赤字でこっちは青字、ついでにここは黄色」みたいに言ってくれりゃいいだろうに、非効率なことこの上ない。

どうせ次は別のどこかが緑になるのだろう。

 

ということで、もう最近では勤務先の開発メンバーは俺を含めみんなやる気を失っている。

特に、立場が上の先輩の士気の低下が著しい。

「あーもう、これ知らなーい」とか言って若干壊れかけている。

士気どころの騒ぎじゃない気がせんでもない。

まあそれも当たり前の話で、あれだけずさんな引継ぎで仕事をやらすのはさすがに無理があると思う。

まるで馬鹿の考えた悪い冗談みたいになっとる。

 

ついでに言うなら、この"ゾンビ狩り"で勤務先の開発側と協力会社の板挟みになってる営業の苦労も計り知れない。

俺はその営業の人がこのプロジェクトについてどう思ってるかは知らんが、これのせいで相当以上に疲れているのはほぼ確実と思う。

そもそも、メールの送信時間がおかしい。

俺が朝出社してメールソフトを起動すると、「お前はイギリスからメールしとるんかい!」とツッコミを入れたくなるような時間帯にメールが飛んできていて仰天するときが多々ある。 

こうなってくるとさすがに潰れないか心配だ。

 

さて、こんなトンデモ案件を掴まされてしまった俺たちだけど、とりあえず一旦は資料のOKが出たらしい。

資料のどこかを"緑"にせずに済んでほっとしているよ。

とは言え、初っ端から散々な目にあって士気はだだ下がりだ。

先が思いやられる。