電子書籍に手を出したときの話

昨日の記事にも書いたことだけど、本を置く場所がなくなってきてこれはまずいと思った俺は数か月前にkindle端末を買った。

d-nemuo.com

今回はそれを使ったときの感想を書こうと思う。

結論から言って、使いづらかったので買った最初の1,2週間くらいしか使ってない。

 

結論をもう言ってしまったので、あとはもうだらだらといつも通り書いていこう。

まずは冒頭に書いた通り、本を置く場所がなくなってきたという問題に対処するために俺は電子書籍に手を出そうと思い至った。

電子書籍なら端末があれば、それ以上は場所を取ることがない。

そしていくつか本を読んでみた。

だけど、やっぱり電子書籍は性に合わないと感じた。

 

理由はいくつかあったのだけど、一番致命的だったのはページを前後しにくいこと。

読んでいると前のページが気になったりしていくらかページを戻ったりすることがあるのだけど、これが非常にやりにくい。

直前のページに戻るときは別にそこまででもないけど、ある程度のページ数を戻るのが結構しんどい。

画面をスワイプして戻るにしても何度もスワイプしないといけなくて疲れるし、検索機能を使って該当のページを探すのも手間がかかって面倒でだるい。

あとは本全体のどこを今読んでいるかを示す進捗バーみたいなのがあってそれをタップしてページを戻る方法もあるけど、紙の本のページをめくるほど正確にできるわけでもない。

それと、あの「位置No」とかいう概念が面倒というのもある。

紙の本と同じようにページ数で表示してページ数を指定して戻ったりできれば多少はマシになるのに、位置Noなんてものを使うから余計に意味が分からなくなってる。

わざわざ変な概念使わんでもページ数でええやん。

多分、電子書籍は画面の拡大/縮小があるからその関係で位置Noを使っていると思うんだけど、それでもページ数にできないわけではないと思う。

 

そんな感じで、俺は電子書籍のページめくりに関しては非常に不満がある。

これだけで使わないに値すると考えるほどだ。

ちなみに、その他の面では電子書籍も別に悪い選択肢ではないと思っている。

場所は取らないし、値段も本によっては紙の本より安かったりするし、頻繁にkindleセールとかもやっているので財布にやさしい。

あと、紙の本だと絶版だかなんだかの理由で手に入りにくいものも、電子書籍だったら買える場合もある(逆に、紙の本だけで電子書籍化はされてないものもあるけど)。

 

ということで「本を読む」という行為以外の面では電子書籍は紙の本よりかなり優位にあると思う。

ただ、肝心の「本を読む」の部分がちょっと良くないだけで。

とは言え、そろそろ本当に家に本を置く場所がなくなってきてまずいので、いよいよ電子書籍にも慣れていかないと行けなさそうだ。