人事考課面談してきた

先週人事考課資料を作ったんだけど、今週はその人事考課面談してきた。

d-nemuo.com

d-nemuo.com

ちょうど良いタイミングで部署変わっちゃったから今までの部署の上司に評価してもらうのと、新しい上司と次の半年の目標決めるので2回面談しないといけないんだけど、今回は今までの部署の方の面談をしてきた。

 

そう、確かに面談してきたんだ。

でも、実質的にはほぼ雑談だった。

体感的には面談時間の半分近くの時間(もしかしたら半分以上の時間)は評価を受けるというよりは、新しい部署の仕事についてとかの雑談して終わったよ。

多分、入社以来一番気楽な面談だった。

いつもは自己評価を元にいろいろ指摘を受けるんだけど、今回は意外とすんなり終わった。

上司は今回の俺の成果に割と満足してる感じで、「ちょっと書き方が分かりにくいから直してほしい」みたいな軽い指摘を2,3個受けただけ。

あとは上にも書いたように、新しい部署での仕事についてや、仕事のアドバイス的な感じの話、あるいはその他業務と関係ない話までしてた。

人事考課の評価についてはもう特に言うことはない、ということなんだろうか?

というわけで、「本当にこれ人事考課面談で良いのか?」と思えるくらいフランクな感じで終始した。

 

これについて邪推するなら、上司からしたら俺はもう部下でも何でもない他部署の人間だし、もしかしたら上司は俺の評価をそこまで気にしていないだけなのかもしれない。

上司は上司で仕事も忙しいだろうしね。

でも、もちろん、上司はその言葉通り俺の半年の結果に満足していたという可能性も絶対にないとは言えない。

実際、この半年は今までで一番調子良かった気がするし(あくまでも俺の中では、だけど)。

 

ところで、新しい部署の方の面談が残っているのだけど、一体どうなるんだろうね?

新しい上司がどう出てくるか一向に分からんから予断を許さない状況だ。

少なくとも、新しい上司は俺の成果が自分の評価にも繋がってくるだろうから手加減はしてくれないと思う。

恐らく、ガチ勝負になるだろう。

そしてボロクソにこき下ろされるかもしれないけど、とりあえず1回面談してみないことには何とも言えない。

当たって砕けろ。

いや、砕けたくはないな。

 

さあ、次は波乱の人事考課面談第2弾が始まるぞ。