やっぱみんな人と話したいんだろうね

先日、出社してきた。

久しぶりの出社。

もう長らく出社してなかったから、久々の出社は違和感があった。

「俺、会社行って良いのか?」みたいな感じ。

 

ともあれ、なんとか無事に出社してきたわけで、行ってみたらちらほらと出社してる人がいた。

役職ついてたりする偉い人は結構な頻度で出社してるっぽいけど、そもそも俺がほとんど出社しないので会うのは久しぶり。

そしたら、何人かに話しかけられた。

 

お前ら、普段からこんな話しかけてきたっけ?

 

と思いつつも、久しぶりの会話で退化しかけてる口をフル稼働させて対応。

何の問題もなく(※自己評価)会話してきた。

話題は「最近の仕事の調子はどう?」みたいな感じだったけど、普段は同じプロジェクトで仕事してる人としか話さないし、しかもそういった人とは仕事内容の指示だったり連絡だったりが多いわけで、こういった雑談的な感じでふらっと話すのは新鮮だった。

 

で、タイトルのようなことを思ったという流れ。

多分、他の人も普段は仕事の指示みたいな固い会話しかしてないから、もっと柔らかい雑談みたいな会話したかったんじゃないかなって思った。

以前の記事でちょろっと登場したおしゃべりな部署の偉い人(下のリンクを参照)なんかは、「俺は家で一人で仕事してると『これでいいのか?』って思えてくる」とか言ってて感性の違いをまざまざと見せつけられたよ。

d-nemuo.hatenablog.com

俺は一人で黙々とやるタイプだから(今も黙々とブログを書いてる)、むしろ在宅勤務の方が自分の世界にこもって集中できるから良いんだけど、やっぱこういうのは人によって大きく分かれるよね。

多分人とわいわいやりながら活発にやった方が良い"動"の者もいれば、俺みたいな"静"の者もいるってことかな。

 

まあとにかく、久しぶりに会社に行って、みんな人と会って話がしたいんだろうなあってことを気づかされたよ。

いきなり在宅だもん、大変だよなあ。

 

ちなみに、久しぶりに出社したら通勤だけで足が筋肉痛になった。

運動不足ヤバい。