在宅勤務は人を選ぶっぽい

コロナが割と長引いててビビってるんだけど、それに伴って在宅勤務も長引いてる。

勤務先が在宅勤務になってもう半年くらい経つけど、もう普通に慣れてきて結構快適になってきた。

むしろ、出社するより在宅のが快適。

これが「はい、来月から出社ですー。在宅はもうやめやめー。」って言われたらぎょえええーってなってショック死するかも。

少なくとも、ギョギョギョーってなるとは思う、魚には詳しくないけど。

 

とは言っても、人によっては在宅勤務の評価は結構分かれてるっぽい。

今月の頭くらいにちょっと用があって出社してたら、部署の結構偉い人と話す機会があった。

その人はまあよくしゃべる人で口が1個じゃ絶対足りない感じがする人なんだけど、そういった人からしたら家で一人で黙々と仕事するのは結構しんどいものがあるらしい。

一週間誰とも話さなくても飄々としてるような筋金入りのガチコミュ障の俺からしたら1日なんてそれこそ屁でもないんだけど、人によって感じ方は違うんだなあと思った。

あと、管理職だと資料作りとかで悶々とすることが多いからそのせいもあるかも、とも言っていた。

偉い人は大変だ。

 

そんなこんなで在宅勤務はその人の性格的なものを影響するっぽいんだけど、一方でもっと切実な理由から在宅勤務が無理な人もいるそうな。

聞いた話だと、在宅勤務で腰が破滅しかけた人がいるらしい。

実際、俺も同じようなことになりかけたので割とこの問題はわかる。

ローテーブルと座椅子で頑張ってたら、2週目くらいに徐々に腰に違和感が出始めてきた。

でも、普通に考えて、そんないきなり家具買い替えて対応するなんてできんわけで、結局1か月くらいそのまま頑張った。

「俺が人生で忍耐力を発揮した場面トップ10」には間違いなく入ってると思う。

もしかしたらベスト3入りの可能性もある。

それでその後、机やら椅子やらを買ったら出費が痛かった。

ボーナスも去年より減ったし、家計がヤバい。

増えたのは税金だけときたもんだ。

いやあ、まいったね。

アハハ。

 

あと、家庭持ちの人も大変そうな感じがする。

WEB会議してると相手の後ろの方でチビッ子が泣いてたりして、生活感がじょぼじょぼと駄々洩れしてる。

おう、坊主、すまねえな、お前の父ちゃんは無能(俺)の相手で忙しいんだ。

お前は俺みたいになっちゃあいけねえぞ。

立派に育てよ、坊主。

 

そんなこんなで、みんな在宅勤務と格闘してなんとかやってるっぽいね。

大変だわ。

ということで、俺は明日も子供から遊び相手を奪う仕事をしてくるよ。

できない男はつらいぜ。

d-nemuo.hatenablog.com