読書

「A-10奪還チーム 出動せよ」を読んだから感想書く

久々に銃をぶっ放すのがメインではない小説を読んだ。 今回は「A-10奪還チーム 出動せよ」(著:スティーヴン・L・トンプスン)という、カーチェイスの小説の感想を書く。 普段は銃撃戦しかしてないようなものしか読まないので、カーチェイスがメインの小説は…

「狙撃手の使命」を読んだから感想書く

もう読んでから2週間くらい経ってるけど、遂に書く。 「不屈の弾道」、「運命の強敵」に続くカイル・スワンソンシリーズ第3作「狙撃手の使命」。 シリーズ物の定めとして、シリーズ前作のネタバレを含むので読む人は注意してほしい。 あと今回は言いたいこと…

「運命の強敵」を読んだから感想書く

前に読んだ「不屈の弾道」の続編である「運命の強敵」を読んだから、今回はその感想を書こうと思う。 前作の「不屈の弾道」のネタバレは多少はあるのでその点は注意。 ちなみに、読み終わってから感想書こうと思ってそのまま1週間以上経ってしまったせいで、…

「不屈の弾道」を読んだから感想書く

ちょっと前にスワガー・サーガと呼ばれるスナイパー小説シリーズを読み終えたのだけど、今度はまた新しいスナイパー小説シリーズを仕入れてきた。 「不屈の弾道」はその1作目だ。 あらすじは、拉致された海兵隊准将を救出するために送り込まれたチームの一人…

「ジャッカルの日」を読んだから感想書く

今回は「ジャッカルの日」(著:フレデリック・フォーサイス)の感想を書く。 久々にスティーヴン・ハンター以外の作品を読んだよ。 今回はフレデリック・フォーサイスだ。 この著者は割と有名な著者なんだけど、俺は「キル・リスト」くらいしか読んだことない…

「真夜中のデッド・リミット」読んだから感想書く

「真夜中のデッド・リミット」(著:スティーヴン・ハンター)を読んだから感想を書く。 この半年、「極大射程」から始まりその後延々とスティーヴン・ハンターの小説ばかり読んでいる。 直前に読んだのは「マスター・スナイパー」だけど、本当はこれでスティ…

「マスター・スナイパー」読んだから感想書く

「マスター・スナイパー」(著:スティーヴン・ハンター)を読んだから、今回はその感想を書く。 著者はスワガー・サーガでおなじみのスティーヴン・ハンター。 そして本書は著者スティーヴン・ハンターの記念すべき初の著書。 読後まず思ったのは、やっぱハン…

さて、次は何の小説読もうかね?

先日、「狙撃手のゲーム」という小説を読んだんだけど、これでスワガー・サーガと呼ばれるシリーズ読み終えてしまった。 次のターゲットを探さねば。 ということで、積読の中からいくつか候補を見つけてきた。 候補1:「マスター・スナイパー」(著:スティー…

「狙撃手のゲーム」を読んだので感想書く

前に読んだ「Gマン 宿命の銃弾」の続編の「狙撃手のゲーム」(著:スティーヴン・ハンター)という本を読んだから感想を書こうと思う。 d-nemuo.hatenablog.com 今回は主人公のボブがテロリストの天才スナイパーと戦う。 狩りのプロ同士の戦いが始まった。 こ…

学生時代の読書感想文の思い出

さっき、読んだ本の感想を記事にしたら、ちょうどタイムリーなものを見つけたよ。 d-nemuo.hatenablog.com 今週のお題「読書感想文」 でも、もう本の感想は書いちゃったからそのネタはもうストックがないし、今度は読書感想文そのものについて書こうと思う。…

「Gマン 宿命の銃弾」を読んだから感想書く

「Gマン 宿命の銃弾」(著:スティーヴン・ハンター)を読んだから、感想書くよ。 いきなりシリーズものの最後から2作目(2020/8/30時点)の小説の感想書くのはちょっとおかしな感じがするけど、ブログ始めた時期が時期だししゃーない。 ともあれ、さっそく書い…