「脱出連峰」を読んだから感想書く

「脱出山脈」、「脱出空域」に続いて、今回はその続編の「脱出連峰」について感想を書く。 ちなみに、邦訳されてるのはこれで最後だ。 あらすじはこんな感じ。 「中佐に昇進したパースンはアフガニスタン空軍の顧問となり、アフガニスタン空軍とともに大震災…

「脱出空域」を読んだから感想書く

昨日の「脱出山脈」に続いて、今日はその続編の「脱出空域」の感想を書く。 あらすじは「テロの負傷者を乗せて離陸したパースンの操縦するC-5輸送機。離陸後に基地から届いた『高度を維持せよ。いかなる状況においても上昇及び下降を禁じる』というメッセー…

「脱出山脈」を読んだから感想書く

「脱出山脈」(著:トマス・W・ヤング)という小説を読んだので感想を書く。 あらすじは「テロリストの捕虜を輸送中の輸送機が撃墜され、百年に一度と呼ばれるほどの厳しいブリザードが荒れ狂うアフガニスタンの険しい山脈地帯に不時着する。そして追手の敵が…

就活の服装マナーって阿呆臭いけど、俺はあれにある意味救われた

こんな記事を読んだ。 togetter.com 就活になると、みんながみんなコピペしたみたいに同じ服装をしてくる、そしてそうしなきゃいけないような空気感にはみんないろいろ不満があるようだ。 俺も最初はそう思った。 スーツなんて面倒臭いし、きつくて苦しくて…

「邦人奪還 自衛隊特殊部隊が動くとき」を読んだから感想書く

今回は珍しく日本の小説を読んだ。 「邦人奪還 自衛隊特殊部隊が動くとき」(著:伊藤祐靖)という本だ。 内容はタイトルから大体分かる通り人質救出系の内容で、「北朝鮮でクーデターが発生し、そのとき北朝鮮国内に拉致被害者がいることが判明。米軍が鎮圧の…